--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G's,EverySwing,Clipperありがとう

2010年07月18日 03:46

最近、NadaYogiご無沙汰しております

7日赤坂G's bar
新ユニット「Roma-Tokyo」初ライブ
RedとKAZUの自由奔放なプレイに付き合ってくれた
ピアニスト、生田目多恵さん、お疲れ様でした



AcoSoulの彰太さん、ありがとう
久しぶりに会えてうれしかった

そして、変則(変態?)トリオ出演快く引き受けてくれた
G's barマスター、多田さんありがとうございます

次回のG's bar「Roma-Tokyo」は9月16日(木)
Bassist、程嶋日奈子さんと演奏します
心地よいグルーヴで楽しめそうです

10日はEverySwing、Red Pellini 4
こちらも久々にテナーUさん、ソプラノ?Nさん
JamSessionお付き合いありがとうございます
良い動画取れていたらYouTubeアップしようかな、と
共演者の方々どうでしょう
まったりのんびり、リラックス感高いライブ&セッションでした
Redが風邪ひいて具合悪かったのが残念
でももうばっちりです、
彼は明日日曜日、 JONATHAN KATZ と
パークハイアット52F「NewYolkBar」

11日はVo.萩尾しのちゃんと
千葉みなと、Clipperでライブ
たくさんのお客様がきてくれました
KAZUはドラム、タブラの二刀流で
岩谷耕資郎 - Guitar
村谷ゆうすけ - Bass
共演者のこのお二人も素晴らしかった
岩谷さん、ダイナミクス、レスポンスの素晴らしいプレイで
タブラとの絡みも良かったです
村谷君、立ち上がりの良い音と
アグレッシブかつ繊細なプレイでした
お客様もタブラの音、楽しんでいただけた様です
お近くにお住まいのMさん奥さまと二人
楽しんでくれて良かった、
S様、またお会い出来るのを楽しみにしております
あの場にいらした皆様、スタッフ、そしてClipper号の船長
素敵な時間シェアさせていただいてありがとうございました



次回、11月7日、同じメンバーにて、この場所Clipper出演します



予告オリジナルジャズ&フォルクローレ 

TAKERUと風神雷神ライブ【第3弾】
音で見るアンデス山地の自然と文化
組曲「アンデス」


◆2010年7月23日(金)

上野アリエスにて
第3弾ライブ

好評だった第1弾、第2弾に続き、「TAKERUと風神雷神」のライブ第3弾が開催される。今回のテーマは「音で見るアンデス山地の自然と文化」。
以前にも公表して絶賛を得た『生贄の乙女』『遥かなるアンデス』を含む鮮烈なオリジナル曲で、あなたをアンデスの高地へといざなう。

◆風神雷神とは?

ジャズピアノの鬼才TAKERUが主宰し、全曲TAKERUのオリジナル曲だけを演奏するスペシャルグループ。
卓越した作・編曲家でもあるTAKERUのオリジナル曲の数々。和のテイストありエスニックあり、クラシックの要素もあり、日本人にしか表現できない世界をジャズの語法を取り入れながら表現する、まったく新しい音楽である。
なお、このユニットはメンバーや人数を固定せず、今後その時々のテーマによってさまざまな魅力を持つ個性的なミュージシャンと共演していく予定。
今回のメンバーはTAKERU、bass須川こういち、drums Nada Yogi KAZUのピアノトリオに加え、日本フォルクローレ界の大御所エルネスト河本とその仲間武田耕平が参加。ケーナ、サンポーニャ、チャランゴ、各種打楽器など、アンデスの民族色豊かな楽器で共演。
また、若手クラシック声楽家海野美栄の歌が演奏に華を添える。
[ 続きを読む ]


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。