--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんまい・・・手作りCatFoodの作り方

2011年01月10日 18:18

にゃんまい・・手作りCatFood

うちのかわいい一人娘の(もう10歳になるので熟女の様ではありますが、、、)
みゅんはここ数年手作りご飯を食べています

以前はカリカリや缶詰をあげていたんだけど
二人ともヴィーガンの我が家では
匂いもつよいし、保存料や添加物たくさん入って
いつまでも長持ちするような食べ物を
一人娘にたべさせたくないなぁ、と思い
手作りCatFoodの本を買ってきて勉強したりしながら
今のにゃんまいを完成しました

にゃんまいを食べるようになってから
メタボ気味だった体がちょうどよい引き締まった体になって
毛艶も良くなり、活発に動き
ジャンプ力は180㎝を超えるほどに、、
セミや雀を仕留めるほどのワイルドキャットになりました

以前はあまり出なかったおしっこもじゃんじゃん
一日でソフトボール一個分くらいの塊になるし
うんちも毎日すっきり
みゅんだじが健康になって家庭も幸せです

さて、最近ははるーたが作ることが多いのですが
今日は、はるーたは朝からお仕事、
にゃんまい作って、とお願いされたので
KAZUが作ります

作り方説明するので家族ににゃんがいる方で興味ある方は
自分でトライしてみて下さい

用意するもの

材料
鶏肉ささみ700~800g、砂肝200~300g、レバー200~300g、水適宜 
まぁ、適当です、これで15~18食程度 

道具、
鍋1~2、ボール、灰汁(アク)取り、ミキサー、にゃんまいを小分けに入れる容器を必要分


1、ささみの調理
20110110 (1) 20110110 (2)

まずささみを一口サイズに切り、お鍋に入れ水がひたひたになるくらい入れて
中火で15分くらい加熱する
20110110 (3)
最初、灰汁がでてくるので、ボールにお水を入れて灰汁取りで丁寧に灰汁を取り除きます

取り続けると最終的に煮汁が透き通ります
20110110 (9)

ここまで来ると大体15~20分経過、
火を止めてOKです



2、砂肝、レバーの調理

砂肝は固く、ミキサーでも細かくならないので
食べやすい大きさにある程度細かく切ります

※切るとき表面の皮が滑って切りにくく
指等を切りやすいので、よく切れる包丁で慎重に

レバーは煮ると型崩れして簡単に細かくなるので
ある程度大き目の切り方で大丈夫です

20110110 (4)
20110110 (6) 20110110 (7)

切った砂肝、レバーもお鍋に水をひたひたに入れ
中火で加熱します

ささみと同時に同じ鍋で調理しても構いませんが
後で小分けにするとき作業しやすいので僕は別のお鍋で調理しています

20110110 (5)

こちらも灰汁がでるので丹念に取り除きます
こちらは10分程度の加熱で良いでしょう



3、ミキサーにかける

ささみが少し冷めてきたらミキサーにかけます
砂肝、レバーはミキサー不要です

ささみを全部ミキサーにかけても良いですが、塊があった方が喜ぶので
多少ささみを一口サイズのまま残しておきましょう

20110110 (10)

これで終了、慣れると30分あれば作れますね

後は具と煮汁を容器に小分けにして、すぐ食べるものは冷蔵庫
保存用は冷凍保存します

20110110 (11)
じゃーん、、にゃんまい完成

足元ではみゅんだじが「ぎょっひゃ~んっ」ってさわいでいます

20110110 (12)

うちではこのにゃんまいをベースに
人参、キャベツ、ジャガイモなどの季節の野菜を煮たものを加えて食べさせています

ネギ、玉ねぎ類は猫にはあげてはいけないそうで入れないように注意してください


ヘルシーだし、にゃんといっても愛情込めて作ったぎょひゃんを
食べてもらうのは幸せです

ぜひ試してみてくださいね

関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://nadayogikazu.blog11.fc2.com/tb.php/106-f0289c0d
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。