--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HirocoPonissiConcert - Red Farewell Party

2010年10月17日 02:53

Hirocoのジャズコンサート&Fabianoのさよならパーティー at Diglight
おかげさまで大盛況でした
駆けつけてくれた皆さん、ありがとう

5084844021_32dd647b58.jpg
写真はAkikoIchiharaさんの撮影

Hirocoがイタリアに帰国するFabianoのために企画してくれたこのコンサート
彼にも本当に良いお土産になりました

Hirocoの企画力にも改めてリスペクト

Fabianoのファン、Hirocoのファン、KAZUのお友達と
みんな駆けつけてくれて、立ち見続出の大盛況
中には宇都宮から新幹線に乗ってきてくれた方も、、
楽しい時間、シェアできて何よりです
どうもありがとうございました


5084844241_0838113a41.jpg
ベースは山下弘治さん、安定感のあるプレイはさすが
Fumi君もギターで飛び入り、たくさん弾いてくれました

5085443144_499ddfd801.jpg
ピアノはやっとご一緒できた川畑淳さん、繊細なタッチが光ります

5085442938_ed2ab92759.jpg
RPQのリズムを支える要、
拓実さんも飛び入りしてくれました
一年間お疲れ様でした

5085441378_129db40285.jpg
Karenも飛び入りで歌を披露
5084845277_97b32527c5.jpg
Soulmate Fabiano、GreatSwingPlayer



この一年、Fabianoと一緒にバンド活動して
RPQではバンマスとしてもやらせてもらって
彼の風のような性質にびゅんびゅん振り回され
ジェットコースターに乗っているような
SWINGそのもののようなスピード感のある一年でした

彼の面倒を見るのがとても大変なこともあったけど
素晴らしいプレイに触れて
自分のドラムの歌い方にも大きな影響がありました
そしてSWINGの楽しさを存分に味わって
SWINGに対して改めてリスペクトする事もできた
都内あちこちでライブ活動もして
野外もやったし、楽しい思い出もたくさん

今回の来日で彼がした何よりも素晴らしいこと、それは
Fabianoがみんなに大きなつながりを与えてくれた、ってこと
本人意識してないかも知れないけど
本当に僕たちに大きな幸せをくれた

KAZUとFumi君をつなげて
そこに憲君、拓実さんが加わってRedPelliniQuintetが誕生して

そこからDario&Hirocoとつながり彼女のJazz人生再開になったわけだし

Karenともたくさんやりました

尾形さんや、理恵子、とつながり
ほかにもたくさんの友達ができて

Fabianoこれ、本当に素晴らしいね

おかげでKAZUもダメなりにずいぶん成長させてもらいました

悪ガキ二人で遊んできたけれど
これからはそれぞれ
俺たちもちょっとだけ大人になりますか、、、
いい味出していこう

Fabiano、たくさんのHappyとSwingをありがとう

5084848155_a7b7a5c9e2.jpg

関連記事
スポンサーサイト


コメント

  1. Satoko | URL | -

    ありがとうございました!

    楽しかったです!この一年間、RPQのライブではほんとにステキな時間を過ごさせてもらいました。カズさんにはいつも温かく迎えて頂いて…ありがとうございました♪
    RED、帰っちゃいましたね…またすぐ会えることを祈ってます。
    機会があればまたライブに伺います~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nadayogikazu.blog11.fc2.com/tb.php/67-14e7b8a8
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。